バルトレックスの写真

バルトレックスは何度も再発を繰り返すヘルペスの治療薬となっています。バルトレックスを自宅に備えておくと症状を悪化せずに治療を行えますので備えておくと便利でしょう。では、病院以外でどのようにして購入できるかを説明していきます。

バルトレックスが有効なヘルペスは咽頭の感染の疑い

バルトレックスは、感染細胞内で酵素チミジンキナーゼの作用によりバラシクロビルがアシクロビルに活性化され、構造が似ているdGTPとアシクロビルが置き換わる事でDNA鎖の伸長を阻害し、ウイルスの正常な増殖を阻害するDNAポリメラーゼ阻害薬であり、口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの治療薬として処方されています。口唇ヘルペスは、人パピローマウイルスのHSV-1に感染する事で口唇の周囲に症状が発現しますが、口唇の周囲だけでは無く咽頭にも症状が発現するケースがあり、症状が発現すると水が飲めない程の痛みを感じるケースもあります。又、性行年齢の低年齢化やセックスの多様化によるオーラルセックスの普及により、性器ヘルペスの原因菌HSV-2が咽頭に感染するケースが増えています。逆に口唇ヘルペス患者が、性行為時に性器に接触する事で感染するケースがあり、HSVの感染力は非常に強いのでタオルやトイレの便座に付いた分泌液に間接的に触れるだけでも感染の疑いがあります。又、キスや頬ズリでも感染する疑いがあるので、ピンポン感染や子供への感染を防ぐ為に感染の疑いが無くても定期的な検査が必要です。ヘルペスの検査は、地方自治体指定の医療機関や保健所で無料で行われていますし、医療機関や保健所で医師や看護師に顔を合わすのが嫌な方は通販で検査キットを購入して自分で検査する方法もあります。ヘルペスは、ウイルスのエンベロープと呼ばれる外膜が宿主細胞膜と融合し、増殖後出芽する際も細胞質内でエンベロープを獲得するので親和性が高く、末梢神経を上行し三叉神経節や脊髄後根神経節に潜伏する為、1度感染すると一生をウイルスを保有する事になります。その為、免疫力が低下すると再発するので、再発の疑いがあれば速やかに適切な処置を受ける必要があります。