バルトレックスの写真

バルトレックスは何度も再発を繰り返すヘルペスの治療薬となっています。バルトレックスを自宅に備えておくと症状を悪化せずに治療を行えますので備えておくと便利でしょう。では、病院以外でどのようにして購入できるかを説明していきます。

何度も繰り返すヘルペスにはバルトレックス

口唇ヘルペスや性器ヘルペス、帯状疱疹などはすべてウイルスのしわざによるものです。現在これらの症状に対しては、ヘルペスウイルスに対して有効なバルトレックスが治療に用いられます。ただしバルトレックスもウイルスを根絶させることはできません。主にウイルスの増殖を抑えることを目的とした薬なのです。そのためウイルスが増殖してから服用しても、劇的な効果は期待できません。症状が発症してすぐにバルトレックスを服用するのが基本となります。しかしバルトレックスで症状を抑え込むことに成功しても、ウイルスは体内にとどまったままですので、免疫が低下した時には再び発症する恐れがあります。頻繁にヘルペスを再発する人の中には、毎月のように発症する人も存在するくらいです。このような人に対してはバルトレックスを用いた再発抑制療法も有効です。特に性器ヘルペスをよく再発する人に対してはこの治療法が用いられます。再発抑制療法は1日に1錠のバルトレックスを、8週間から最長で1年間にわたって毎日服用します。これによって体内に潜在するウイルスの量を3分の1程度まで減少させることができ、ウイルスの活性化も抑制することができるのです。もちろん残念ながらウイルスを完全に死滅させることは不可能ですので、再発の危険性はゼロではありません。しかしこの再発抑制療法に取り組んでおけば、再発する頻度を減らすことはでき、さらに再発しても症状を軽く抑えることは可能なのです。ヘルペスを頻繁に発症するという人は、一度この治療法を試してみる価値は十分あるといえるでしょう。なおバルトレックスは比較的安全な薬ですが、素人の安易な判断で服用することは禁物です。決められた用法、用量をしっかり守って利用するようにしましょう。

バルトレックスを自宅に備えておくと便利

ヘルペスウイルスによる疾患で悩んでいる人は非常に多いです。再発するケースが多く、体調を少し崩すと、すぐにヘルペスウイルスが悪さをしてくる方もいます。そんなヘルペスウイルスを抑えてくれるのが、バルトレックスという薬です。主成分は「塩酸バラシクロビル」というもので、バルトレックスは販売名となります。製薬大手、グラクソスミスクライン社から販売されています。ヘルペスウイルスが原因の疾患の主なものは以下の通りです。

・単純疱疹    ・帯状疱疹      ・性器ヘルペス
・口唇ヘルペス  ・水痘(水ぼうそう) ・カポジ水痘様発疹症

いずれも患部に水疱ができ、場合によってはピリッとした神経痛を伴うこともあります。特に、カポジ水痘様発疹症は発症した後、早めに対処しないと瞬く間に全身に広がり、入院治療を受けなければないケースもあります。早めに医師の診察、処方を受け服用することにより、これらの煩わしい症状から回復することができます。ヘルペスウイルスが引き起こす疾患は、再発する確率が非常に高いです。服用方法、日数などは必ず、医師や薬剤師の指示に従わなければなりませんが、指示の通りに服用した結果、錠剤が残る場合は、手元に保管し、備えておくと良いでしょう。明らかに以前かかったヘルペスウイルスの疾患と同じ症状が出たときは、早めに手持ちのバルトレックスを服用するというのは有効です。そのあと、必ず診察を受けましょう。バルトレックスは非常に大きく、大人でも飲みにくいサイズであり、薬価も他の薬剤に比べると非常に高いというデメリットがあります。しかし、それよりも期待できる効果は大きいです。ヘルペスウイルスによる疾患で苦しまないためにも、余ったバルトレックスは捨てずに、手元に置くことをおすすめします。

バルトレックスはネット通販で購入可能

バルトレックスは一般のドラッグストア等では販売されておらず、病院に行って処方箋を貰わないと手に入れることができません。適当に使うとそれだけ副作用などのリスクのあるものですから、簡単に入手をすることができないものとなっているのですが必要位になるたびに病院に行かなければならないのは手間だと考える人も多いのではないでしょうか。病院があいている時間というのは限られていますし、お金もかかることなので保険などに未加入の人は行きづらいものとなってしまいます。そして、バルトレックスは性病の治療に使うこともある薬だけに性行為によって感染をしてしまった場合には、恥ずかしくて病院に行きづらいという問題もあります。しかし、放っておいては悪化をしてしまいますし感染症なので人に移してしまう恐れもあるため、そのままにしておくわけには行きませんが病院に行けない行きたくないのであれば個人輸入という方法によって通販でバルトレックスが購入できます。バルトレックスを自由に売買できないのは国内で流通をする場合に限った話で、個人が個人使用のために海外から直接取り寄せることに関しては現状では禁止されていませんから、どうしてもという場合には海外から取り寄せることができます。海外からの取り寄せとなると外国語ができなければならないのではと心配するかもしれませんが、個人輸入の手続きを代行してくれる、個人輸入代行業者があるのでそれを利用することによってバルトレックスを一般的な通販と同じように購入をすることができます。薬を入手することは簡単なことですが、副作用などの問題があるのでリスクについては自己責任となることを理解して利用するようにしましょう。